2013

28

Nov

Androidアプリ開発

Androidアプリの環境構築[2013/11最新版]

時間があったので、Androidアプリの開発環境を設定してみました。
Googleが発表したAndroid Studioって環境があるみたいです。
Android Studioを使えば、eclipse環境がインポートできるようなので、
まずはいろいろとノウハウがありそうなeclipseを設定することにしました。

約2年ほど前にインストールしたことがあったのですが、
そのときは、パス通したり、いろいろとメンドウで、とっても時間がかかって大変でした。。
が、、、今はパッケージ化されていて、手間なくすぐできました。

eclipseがすでに入れてあったので、それにAndroidSDKを追加しようと最初は思いましたが、
なんだかメンドウそうなので、いったんeclipseは削除していれました。
ちょっとはまった点を記載します。

①Android開発環境推奨のJava6がみつからない。
→Java6は開発終了となったようです。
Java7をインストールしました。Pathの設定などがいらなかったので、
インストーラー通りにすればいいだけで簡単でした。

②eclipseの日本語化。
→Pleiades All in Oneのほうをダウンロードしてしまい、eclipse.iniを変更すると起動しませんでした。
一旦adt-bundleを全部削除してから再インストール。
「最新版 1.4.x」をダウンロードして手順どおりすると、問題なく動きました。

[環境構築にダウンロードしたファイル]
adt-bundle-windows-x86-20131030.zip
pleiades_1.4.0.zip
jdk-7u45-windows-i586.exe

[参考にした記事]
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n134579
http://ameblo.jp/gimopan/entry-11438214468.html

以上、無事に約1時間半くらいでインストールが完了しました。
eclipseの日本語化に手間取ってしまいましたが、うまくいけば30分くらいでできそうですね!
簡単になってうれしいです♪

動かしてみたのですが、
ただ、PCが重すぎるせいで、エミュレータが起動するのに10分・・・。
デバックできそうもありません・・・。

本格的に作ろうって思ったら、
性能のよいPCを買うか、実機に入れながら確認するかですね。


タグ ,

ABOUT

福岡在住、フリーランスのプログラマのメモ日記です。組込SEからWEB系に転向。子育てしながら、在宅SOHOにてお仕事しています。
ウェブサイトを作っていて困ったことや、よく調べることを書いていきます。

[対応言語]
HTML、CSS、PHP、Javascript、jQuery
Ruby On Rails、JAVA、C、C++、VB

[運営サイト]
キャラデコ弁.com
CSSデザインジェネレーター